石油化学産業専門紙「石油化学新聞」
平成14(2002)年2月11日付けの紙面(毎週火曜日に更新)
  • 宇部興産がメタロセンBRを開発、HIPS向けサンプル出荷
  • 旭化成エレクトロニクスカンパニーはシステム情報を第3の柱に。売上3倍増
  • MXD6ナイロン量産へ。東洋紡がつるが工場に1万トン設備
  • テクノポリマーが今春めどに米国に販売会社。耐熱ABSなど拡販
  • DICが三菱化学からプラパレット事業を買収。
  • 三菱化学次期社長は冨澤龍一氏(三菱ウェルファーマ・副社長)
ウィンテックポリマー営業部長
高橋克彦氏(ポリプラスチックス常務執行役員)
2002年化学品動向 PBT樹脂
  • フィルム用などを拡大、年率5〜7%成長へ
  • 当面は供給過剰 メーカー数は減少へ

  • 旭化成=ベンリーゼでマレシーアに拠点 新設備稼働率2−3割に
  • 出光ユニテック=総能力を2割増強 高機能高付加価値分野へ特化
  • クラレ=海外との連携を視野 介護などで用途開拓
  • 東洋紡=5年後に90億円へ 欧米への輸出を本格化
  • 東レ=PPスパンボンド能力増強 「5層タイプ」事業化か
  • 日石プラスト=欧州で展開加速 台湾、中国と強力 東アジア市場を強化
  • ユニチカ=増設はS&Bで 「コットエース」新設備は3月完成 商業運転は5月
  • シャノン(トクヤマ子会社)が塩ビサッシ市場の開拓を加速。省エネなどPR
  • 炭素繊維、新型航空機で大幅採用へ 1機当たり4倍以上
  • ナノテク、昭電などが超精密歯車を産学連携で開発
  • 宇部興産、03年度営業益340億円 有利子負債800億円削減
  • DIC、乳酸ポリマー用改質材を開発 強度と柔軟性を改善
  • 経済産業省 機能性化学産業研研究会・報告書で意見募集(www.miti.go.jp/feedback/index.html)
  • テクノポリマーがリサイクルを年内にも商業化
  • 1月のエチレン生産 6年ぶり65万トン割れ
  • BTX01年内需 2年ぶり1千万トン割れ 生産も6%減少
  • 01年PPG国内出荷、前年比2%減の19万6600トン 軟質低調も硬質・非フォームは堅調
ご希望の方に見本紙をお送り致します。
石油化学業界紙「石油化学新聞」を読んでみませんか?
e−mail inoue@sekiyukagaku.co.jp もしくはファクシミリにてご連絡下さい。
fax 03-3254-8425(業務局井上あて)


最初のページに戻る