平成31(2019)年 1月 21日付の紙面

 第5122号 (毎週月曜日発行、火曜日更新) 
【ごあいさつ】 石油化学新聞社は今年4月、創立65周年を迎えます。これもひとえに読者の皆様や取材先など関係各位のご支援、ご協力の賜物と心よりお礼申し上げます。紙面の一層の充実を図り、読者の方々の期待に応えていく所存です。 3月と5月には創立65周年特集号の発行も予定しております。今後もご愛読のほどよろしくお願いします。石油化学新聞社
  • フタムラ化学・・・主力事業に相次ぎ投資
    包装フィルム、名古屋で無延伸品増設
    セルロース、大垣に新製法量産設備
  • 三井化学・・・EPTの差別化に拍車 収益力強化、ポートフォリオ変革
  • 日本化薬・・・基板用新樹脂、柔軟で低誘電正接実現 層間絶縁やRCCへ
  • ポリプラスチックス・・・PBT樹脂、電装部品用で新製品 ストレスクラック防止
「どうなる石化。どう取り組む」

住友化学 代表取締役専務執行役員
竹下憲昭氏
*内需縮小へ エチレン削減が必要
*高付加価値化さらに推進
*シェールと土俵違う
多彩な機能で市場広げる樹脂コンパウンド
メーカー・商社の事業戦略
稲畑産業 タイとフィリピンで増設検討
メキシコの車向け拠点が軌道に

ダイセルポリマー 長繊維強化樹脂、増産進め車両用拡大
4繊維を柱 電磁波対策、難燃に力

リケンテクノス 塩ビとTPE、国内外で相次ぎ新増設
インドに新販社、東京の研究拠点も強化

髙六商事 製品事業立ち上げ推進
樹脂関連の特許活用し展開

石塚化学産業 リサイクル材拡大に力
異物除去新工程を導入 

石油化学新聞社では、株式会社ズノーとの共催事業として「PCP入札王」のサービスの提供を開始しました。このサービスは、官公庁、特殊法人、独立行政法人、地方自治体等の入札・公募情報をインターネットで素早く的確に提供するものです。「燃料・ガス・油脂及び工事」、「厨房・給食機器及び業務」、「電力供給」、「空調・換気・給排水・衛生機器及び工事」などだけではなくあらゆる分野の入札・公募情報を提供します。また、落札結果情報も提供しております。入札情報同様に、インターネット上で検索キーや検索キーワードを指定して落札結果情報を検索できます。 詳細は、こちらのページをご覧ください
  • アズビル・・・異常予兆検知システム 業界初、バッチ向け 2019年度内に発売
  • 出光ユニテック・・・社業や製品事例 取引先招き紹介
  • DICライフテック・・・通販用スピルリナ、スタンドパウチに
  • 三菱ケミカルHD、住友化学、三井化学・・・海洋廃プラ対策国際連携に参画
  • ダウ・・・AEPW、連携組織をリード
  • 食品メーカー・・・包装部材削減の動き
  • 経済産業省・・・エチレン用輸入ナフサ、12月は4万8291円 
  • 経済産業省・・・11月エチレン換算輸入、2ケタ増え22万トン超
  • カセイソーダ・・・2年半ぶり安値 インド向け鈍化響く
  • カーボンブラック協会・・・11月のカーボンブラック実績
  • デュポン・・・PAとPBT値上げ
  • 帝人フロンティア・・・生体情報計測、動態を可視化 ウエアラブル拡大
               関西大と衝撃測定デバイスを開発 「圧電組紐」で
  • 団体トップ新春語録
    時局変化に積極対応・・・
     中井敏雄・プラスチック容器包装リサイクル推進協議会会長
    EPSの環境性訴求・・・
     片岡孝次・日本フォームスチレン工業組合理事長
  • 宇部興産・・・射出用PA6、複合化技術で世界に 米国は今春から供給
  • 昭和電工・・・車載LiB向け 軽量冷却器開発
  • ハネウェル・・・VRF用新冷媒
  • BASFジャパン・・・3月に本社移転、東京・日本橋に
  • 鎌原正直・日本繊維産業連盟会長・・・「大繊維時代」創出へ 流行補足、個別対応も
  • 日本ゼオン・・・COP、中間膜市場を開拓 車ガラス薄肉化
  • 東レ・・・遮熱フィルム、窓ガラス向け開発 高い透明性を兼備
  • 三井化学・・・2020年から αーメチルスチレンをシンガポールで生産
  • SABIC・・・CNT米社を買収 電池周辺向け拡大
  • 東洋紡・・・軽量化素材を提案、コンセプトカー製作
  • ダイセル・・・米ゲノミクスを買収
  • 横河電機・・・新社長に奈良寿氏